/head>

ツバメが巣を作る家は縁起が良いってホント?どんな家に巣をつくるの?

「生活」全般
スポンサーリンク

春になるとツバメが軒先に巣を作って、かわいいひな鳥が顔を出すのを毎年楽しみしているよっこです(^-^)/

昔からつばめが巣をつくる家は縁起が良いと言われていますが、本当なんでしょうか?似たようなおうちなのに、つばめが巣をつくる家と巣を作らない家があったり、建ったばかりの新築のおうちにあっという間に巣ができていたり、一体ツバメはどんな基準で巣をつくる家を決めているんでしょうね。

そんなことが気になったので、私と同じようにツバメが巣をつくる家って本当に縁起が良いの?どんな家に巣をつくるの?と気になった方のお役に立てるように、調べたことをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ツバメが巣を作る家は縁起が良い?

ツバメが巣を作る家は縁起が良い、と言われる理由は様々です。

一番よく聞く理由は、ツバメは渡り鳥なので居心地がよく安全な環境を察知する能力が高いといわれています。そのため、安全にひなを育てることが出来る家に巣をつくると考えられています。そういったことからも、ツバメが巣をつくる家は「安全安心な家」のお墨付きをもらったといっても過言ではない、ということのようです。

他にも、ツバメが虫を食べることから昔は田んぼの虫をたくさん食べてくれる益鳥として大切にされ、ツバメが巣を作った家は豊作になるといわれていました。豊作になると裕福な暮らしができるということから、ツバメが巣をつくる家は縁起が良いといわれるようになったということです。

ツバメが巣を作る家と作らない家の違いは?

ツバメが巣を作る家と作らない家の違いも気になりますよね。

ツバメの巣作りは3月末~6月末頃に行われます。ツバメは、東南アジアなどから海を越えて日本にやってきます。日本にやってきたツバメは、最初につがいになる相手をみつけます。ツバメが巣作りをしてからひなが巣立つまでの期間は、約6週間。

ツバメは泥やワラなどの草をつかって巣を作ります。巣作りをする時間は、だいたい朝の6時から10時ころです。泥を乾かさないといけないため、午前中に泥やワラを運んで組み合わせる作業をして、午後は泥を乾かす時間としているということです。

そういったことから、ツバメが巣を作る家と作らない家は、人の出入りやその家の周りの環境も大きく影響しているようです。

いろいろな情報を調べてわかったことをまとめると、ツバメが巣をつくる家は4つのポイントがそろっている家です。

  1. 人通りが多い
  2. 風通しが良い
  3. 適度な温度と湿度の場所である
  4. 壁にデコボコがある

ツバメが巣をつくる家のポイントとその理由を1つずつ見てみましょう。

①人通りが多い・・・ツバメが子育てをする中で、天敵となる小動物や他の鳥などから卵やヒナを守るため、人通りが多い場所を好むようです。

②風通しが良い・・・巣作りの際につかう泥が乾かないと丈夫な巣がつくれないので、子育てのためにも風通しの良い場所を好むということです。

③適度な温度と湿度・・・ツバメが子育てするのに最適な温度と湿度の場所を選ぶといわれています。人でも子育てをするなら環境のよいところでしたいと思うので、ツバメもきっと同じなんでしょうね。

④壁にデコボコがある

巣を作るときに泥やワラをくっつけて形をつくっていくので、壁にデコボコがあって泥やワラがくっつきやすい壁を好むようです。家の外壁の素材にも好き嫌いがあるようなので、一見同じようにみえるおうちでも外壁の素材が違うためにツバメが巣をつくらない家もあるということです。

ツバメに関する言い伝えを紹介!

ツバメに関わる言い伝えもいろいろなものがありますが、ここでは代表的な6つをご紹介します。

  1. 家が繁盛する
  2. 火事にならない
  3. 豊作になる
  4. 金運があがる
  5. 病人がでない
  6. 子宝に恵まれる

1の家が繁盛するというのは、先ほどもご紹介したとおりツバメが居心地が良く、人の出入りが多い場所に巣をつくる傾向があります。

ということは、ツバメが家に巣を作った場合、人が良く訪問してにぎやかな場所というお墨付きをもらったということが言えます。

民家ではなくお店の軒先にツバメがよく巣を作っているのは、人の出入りが多くて繁盛しているからなんですね。

2つ目の火事にならないというのは、手入れが行き届いて火事をおこすような可能性が低い場所ということでツバメが選んで巣を作っているということから来ている言い伝えということです。

3つ目の豊作になるというのは前半部分にも書きましたが、ツバメが虫を食べてくれるので作物が良く育つということから言われるようになっています。

4つ目の金運があがる、というのは、ツバメの「ふん」が玄関にたくさん落ちるということから「運(ウン)」がつくということから言われるようになったということです。飛んでる鳥のフンがついてしまったりした時も、「運(ウン)」がついたね!といったりするので、それと同じ感じですね。

5つ目の病人が出ないというのは、ツバメが巣を作って子育てしたいほど快適な家と判断したという理由から、そういった快適な家から病人がでないということのようです。風水的にもツバメが巣をつくる家は縁起が良いらしいので、病人が出にくいといわれています。

6つ目の子宝に恵まれるというのは、ツバメは一度に5~6個の卵を産む子だくさんの鳥としても良く知られています。ツバメが子育て中、巣からたくさんのヒナが顔を出す姿はとってもかわいいですよね。そんなヒナがたくさん顔を出している姿から子宝に恵まれるというジンクスが産まれたようです。

まとめ

今回は、「ツバメが巣を作る家は縁起が良いってホント?どんな家に巣をつくるの?」ということで、ツバメに関する情報をまとめてきました。

ツバメが飛んでいる姿もかっこいいですが、やっぱり巣からヒナたちが口をあけてピーピーとエサをねだっている姿はかわいいですよね。

もし、あなたのおうちにツバメが巣を作ったらあたたかく見守ってあげてくださいね。

コメント